カマグラゴールド

カマグラゴールド/即効性のあるベストセラーED治療薬

カマグラゴールド

 

世界中の男性が使用しているベストセラーED治療薬「バイアグラ」のジェネリック薬が「カマグラゴールド」なんです。

 

「カマグラゴールド」はインドの大手ジェネリック薬品メーカー「アジャンタファーマ社」が製造販売しています。

 

「カマグラゴールド」の主成分はバイアグラと同じ「塩酸シルデナフィル」です。

 

「塩酸シルデナフィル」はPDE5阻害薬と言って、ペニスへの血流を促し勃起を促進させる作用があるんです。

 

 

ベッドインの1時間前に服用すれば、最大5時間効果が持続します。

 

バイアグラは、25mg と50mg の錠剤ですが、カマグラゴールドは100mgの錠剤なので、ピルカッターで半分に分ければ、コストパフォーマンスがさらにアップします。

 

「カマグラゴールド」は、インターネット通販を利用して簡単に手に入れることができます。

 

インターネット通販のメリットは、自分以外誰の目にも触れることなく品物が自宅に届く事なんですね。

 

スマホの普及によって、あらゆる場所からインターネットを利用することができるようになりました。

 

ただ、インターネット上には偽物(ニセモノ)が大量に出回っています。

 

どの品物を選ぶかは、「自己責任」の世界なんです。

 

特に医薬品は、人間の体の中に入る事によって効果が発揮されるものなので、不衛生な環境で製造された偽物(ニセモノ)は、危険な副作用を誘発する危険性を伴っています。

 

複数のサイトを比較して、しっかり「正規品」を見極める目を養う事がとても重要なんです。

 

カマグラゴールドをもっと知りたい方は次のページから詳しく説明しています。

 

カマグラゴールド・ジェネリック

 

カマグラゴールドは「バイアグラ」のジェネリック薬です。

 

そもそも「ジェネリック薬」とはどんな薬なのでしょうか。

 

ジェネリックとは英語表記で「Generic」で、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味なんです。

 

実際ジェネリック薬は、新薬(先発薬)の特許期限が満了した後に製造販売される「後発薬」のことを言うんです。

 

 

例えば、名の知れたブランド物のバッグではないけれども、機能性や品質などはブランド物とほぼ同じ
であるバッグのような薬なんですね。

 

ジェネリック薬は、新薬(先発薬)のノウハウがある為、新薬(先発薬)より格安な価格で販売することができます。

 

少し前まで「ジェネリック薬」は、医療関係者の間で「ゾロ」という少し軽蔑を込めた言葉で呼ばれていた時期があるんです。

 

新薬の特許期限が満了した後に、雨後の竹の子のように「ゾロゾロ」ジェネリック薬が発売されるためそのような名前を付けられたんです。

 

病院や薬局にとって、収益面で新薬(先発薬)を処方するメリットが大きかった事も原因だと思いますが、実際一部の薬に品質や安定供給に問題のある薬も見られたようです。

 

最近では、国をあげて高齢化に伴う医療費の財政負担を抑制する一つの手段として、ジェネリック薬の普及を進めています。

 

政府は2014年度の診療報酬改定で、病院については、診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、ジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度である、「調剤体制加算」を強化しました。

 

このような国の後押しもあり、今後日本でも欧米のようにジェネリック薬の普及が、大きく進むものと思われます。

 

カマグラゴールド・通販

 

バイアグラは特許期限が満了したため、どこの製薬会社でもジェネリック薬を製造する事が出来るようになりました。

 

国産のジェネリック薬も発売されていますが、インド製のジェネリック薬に比べるとかなり割高感があります。

 

また、一度クリニックを受診して医師から処方箋を抱いてもらう必要がありますので、初診料や診察費など結構費用が掛かるんです。
さらに、クリニックや薬局で複数の人と顔を合わせなければならない煩わしさがありますよね。

 

その点、インターネット通販を利用すれば、誰とも顔を合わせる必要もなく、自宅まで商品が届きます。

 

平成27年の総務省のインターネット利用動向調査によると、平成26年末のインターネット利用者数は、平成25年末より26万人減少して10,018万人(前年比0.3%減)、人口普及率は昨年末と同様82.8%となっています。

 

 

端末の普及状況をみると、「携帯電話・PHS1」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.6%、78.0%となっています。

 

「携帯電話・PHS」の内数である「スマートフォン2」は、64.2%(前年比1.6ポイント増)と急速に普及が進んでいます。

 

日本人の8割以上が、何らかの端末機器を使ってインターネットを利用しているんですね。

 

インターネットの利用目的については、「電子メールの送受信」が各世代で最も多く、次いで「商品・サービスの購入・取引」となっています。

 

薬などをインターネットから購入する人がいかに多いか、データからも読み取れますね。

 

カマグラゴールド・インド

 

カマグラゴールドは、インドのアジャンタ・ファーマ社から発売されているバイアグラのジェネリック薬です。

 

インドはアジャンタ・ファーマ社だけではなく、医薬品製造に係わる企業数は2万社以上に登ると言われています。

 

このうちのほとんどは小規模で、売り上げ全体の7割を上位250社が占めていると言われています。

 

なぜインドにはそれほど製薬会社が多いかと言うと、欧米先進国に比べると約55%程度と推測されている人件費などの生産コストの低さ、化学を学ぶ学生数の多さなどの人材面での優位性があります。

 

特に大きい理由は、「1970年特許法」と呼ばれるインド独自の法律なんですね。

 

「1970年特許法」は、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用した法律なんです。

 

これは、製造方法を変えれば新薬と同じ物質を使ってジェネリック薬を製造することができると言う事なんです。

 

さらに、新規の製法に与えられる「製法特許」の存続期間を7 年にしたことも、インドのジェネリック薬の優位性を高める大きな原因になりました。

 

その後、2005年に「製法特許」制度から「物質特許」制度に制度が変わるまで、インドのジェネリック薬は年額で30億ドル規模の売り上げを誇っていたと推測されるんです。

 

2005年以降も、物質特許が残っている2005年以前から作られているジェネリック薬は製造を禁止されなかったようで、相変わらず製造されているのが現実のようです。

 

また、外国の製薬会社が新薬の特許をインドに申請しても、販売価格などの審査が厳しくなかなか認められないようです。

 

その一方で、インド野大手製薬会社も危機感を感じており、外国の企業の企業買収などを積極的に進めているようです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ